EVENTS

レジャー研究会
「オンラインゲーム内の格差といじめ:グラディエーター化するeスポーツ選手」

B’AIグローバル・フォーラム研究シリーズ「レジャーにおける格差・差別・スティグマ」第3回研究会のご案内

 

2021年5月25日(火)にB’AIグローバル・フォーラム研究シリーズ「レジャーにおける格差・差別・スティグマ」 第3回研究会「オンラインゲーム内の格差といじめ―グラディエーター化するeスポーツ選手」を開催いたします。オンラインの開催でどなたでも参加できますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

【開催情報】

 

日時:2021年5月25日(火)17:0018:00

・場所:Zoomミーティング(事前申し込み不要)

https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/89001408936?pwd=bEFoNGRCL3VucWh0dWcvT1dWQlV0Zz09 

ミーティングID: 890 0140 8936   

パスコード: 640070

・主催:東京大学 Beyond AI研究推進機構 B’AI Global Forum
・共催:レジャースタディーズ研究会、余暇ツーリズム学会

 

【概要】

 

「オンラインゲーム内の格差といじめ:グラディエーター化するeスポーツ選手」

 

加納寛子氏  (山形大学准教授)

 

コロナ前は、遊園地やテーマパーク、劇場や映画館などが賑わっていたが、今はステイホームでオンラインゲームをする子どもや若者が増えた。オンラインゲーム空間では、ジェンダーや人種、年齢、身体的な障害に関係なく、皆が楽しむことができ、バリアフリーを実現しやすいレジャーの側面を持つ。ゲーム内ではネカマが許容され、実際の容姿に関係なく理想の容姿をアバターに反映させることもでき、「太っている」とか「背が低い」などのコンプレックスから解放される。

 

その一方で、富裕層であることやエリートであることが直接的に有利に働くことはない代わりに、権威主義的ポピュリズムが露骨に表出し、メリトクラシーに支配される。その意味で、オンラインゲーム空間は、リアル社会の縮図とも言える。フィクションが前提であるが故に、剥出しの性描写、差別、格差、いじめが横行する。そのようなオンライン空間で、暇つぶしにゲームを始めた者は幻滅し、eスポーツ選手を目指す者はグラディエーター化する。

 

【お問い合わせ】

 

板津 木綿子 itatsu[at]boz.c.u-tokyo.ac.jp(東京大学大学院情報学環教授)([at]を@に変えてください)